不妊症と不妊検査

人気の海外製排卵検査薬と排卵検査器をおすすめ順に並べてみました。

不妊症と決めてしまう前に不妊検査を

赤ちゃんが欲しくてたまらないのにどうしてかなかなか出来ないという夫婦は少なくないものです。そして、なかなか赤ちゃんが出来ないからといって不妊症だと自分で決めつけないで、一度病院へ行って不妊検査を受けてみるのが良さそうです。

不妊検査というとかなりの費用と時間がかかりそうと思われる方もいるかもしれません。しかし、不妊検査を行うことによって、何が原因で妊娠が出来ないでいるのかが大半の場合はっきりとしますから、悩むくらいなら思い切って不妊検査を受けてみて下さい。

不妊検査は女性の場合と男性の場合で内容が少し変わりますが、基本は問診から始まります。問診時にはごくごくプライベートな質問を投げかけられたりしますが、何が不妊の原因となるのかを突き止めるためのものですから、素直に答えるようにしましょう。

問診が済むと次の段階に入っていきますが、ここからは男女で多少の差が出てきます。

まずは女性の場合、ホルモン検査、超音波検査、子宮卵管造影検査、頸管粘液検査、ヒューナーテストなどを行います。男性の場合だと、精液検査、精巣検査、ヒューナーテストなどを行います。

全ての検査を行うというよりは、必要と思われる検査から順番に行われていく形になります。特に女性の場合は生理周期に合わせて検査を行っていく形になりますから、あらかじめ数か月分以上チェックし続けた基礎体温表などを持参すると、不妊検査全般が行いやすくなりますから、基礎体温表を持参するのが良さそうです。

不妊検査は精神的にも肉体的にも大変な労力が必要となるかと思います。ですが、何が原因なのかを突き止めることができますし、どうやって対応していけばいいのかを知ることも出来るようになりますから、赤ちゃんが出来ずに悩んでいるという方は、あまりに期間が長くなるようであれば思い切って不妊検査を受けてみて下さい。