排卵検査薬の陽性

人気の海外製排卵検査薬と排卵検査器をおすすめ順に並べてみました。

排卵検査薬で陽性が出たら排卵日が近い証拠です

実際に排卵検査薬を使って排卵日を特定するための努力をしている女性も多いものですが、それと同時にどのタイミングで排卵が起こるのかよく分からないという女性も多いようです。通販サイトの相談コーナーや大手サイトの質問コーナーなどで、そういった排卵検査薬の判定についての質問をよくされています。

排卵検査薬は排卵期に向けて分泌量が増える黄体形成ホルモンを調べるための検査薬であるということはみなさんもよく分かっているかと思います。この黄体形成ホルモンは排卵に向けて徐々に分泌量が増え、排卵直前になると一気に分泌量が増えるという特徴があります。その特徴を踏まえて排卵検査薬は、排卵予定日の数日前から使い始めるのが良いと言われているんです。

排卵検査薬で薄くても濃くても陽性反応が出たら、それはもうすぐ排卵が起こりますという証拠です。薄いうちはまだまだと思っている女性も多いようですが、薄い陽性反応のうちから性交渉を始める方が妊娠する確率としては高いです。

陽性反応は薄いところから始まり、ある日突然濃くなり、またすぐに薄く戻ります。この陽性反応が濃くなったところから薄くなるまでの間に排卵が起こると言われてますが、精子の寿命、卵子の寿命、受精するまでにかかる時間を加味すると、排卵日当日に性交渉を持つよりも排卵直前から性交渉を持つ方が妊娠する可能性が高いということが理解できるかと思います。

少しでも早く妊娠したいと思って排卵検査薬を使っているのなら、陽性反応が出始めた時点からパートナーと性交渉を持つようにすることが大切です。陽性反応のピークから開始するよりはずっとその方が妊娠する確率が高くなりますからね。